コンプレックスを解消しよう|ほくろ除去施術の特徴を詳しく紹介

コンプレックスを解消しよう|ほくろ除去施術の特徴を詳しく紹介

ほくろの治療法

レディ

除去法による違い

コンプレックスの原因となりやすいほくろですが、最近では痛みを極力少なくしてレーザーで焼却する除去方法も確立され、比較的簡単にほくろ除去ができるようになりました。ただ負担の少ないレーザー治療はほくろが小さい場合に推奨される方法であり、大きさが5mm以上や顔以外にできたものはメスによる切除にて除去します。メスで紡錘形に切り取った後、糸で縫合する手術を行います。術後から1週間後に抜糸をしてほくろ除去は完了です。傷跡が薄く残る場合もありますが、再発するリスクが最も少ない治療法であり、大きなほくろに対応している点も魅力です。また、希望により切除した細胞を検査に出すことが可能です。もし病気だった際には早期発見できる場合もあり、コンプレックス解消以外にもメリットがあります。大きさが5mm以下や、顔にできたほくろは炭酸ガスレーザーで切除する治療法が用いられます。赤外線を使用したレーザーで、波長は10.6マイクロメートルと長いのが特徴です。水に反応することで熱が発生し、その熱でほくろの組織を壊します。ほくろ除去までの流れは、まず医師の診察を受けて治療法を決定します。次に手術を行う箇所に局所麻酔をします。そして切除またはレーザー焼却し、最後に傷を処置して終了となります。治療時間はおよそ1〜5分ほどで、大きなほくろの場合は10分ほど掛かることもあります。メスで切除すれば一度の手術で治療が終わりますが、レーザーだと複数回通院する必要があります。術後の経過は治療法によって異なります。メスで切除後はしばらく腫れが起こります。1〜2週間ほどで傷が完全に塞がりますが、それまではガーゼや絆創膏を貼って経過観察を行います。レーザー治療はほくろの場所が白く浮き上がるため、シールを貼って隠します。やがてかさぶたとなり、1週間程度で気にならなくなります。ほくろ除去を行った後は必ずスキンケアをしなければいけません。肌が紫外線によるダメージを受けやすい状態になっているからです。患部をテープで守り、その上に日焼け止めのクリームを塗ります。外出時は日傘をさすことや、帽子を被ることも忘れないようにしましょう。除去後は患部がくぼみ、赤っぽくなることもあります。しかし、数週間も経てば色は落ち着いてくるため、心配することはありません。ほくろの除去は治療法によって術後の傷跡の見た目や再発の確率が変わってくるため、手術を行う前に医師と入念に相談を行うことが大切です。

ドクター

美容と健康のための治療

顔や体に出来るほくろのような黒いできものは、ほくろの可能性とそうでない可能性があり、中には体に害を及ぼすがんもあります。その正体が何であれ、できものを除去することは美容と健康に効果があるので、違和感を感じたら美容整形外科を受診しましょう。

Read More

婦人

どこの病院で除去するか

ほくろ除去は皮膚科・形成外科・美容皮膚科などで行っていますが、悪性の場合も有るので、病理検査が出来る病院を選ぶ方が安心です。また病院で施術内容、保険適用かどうか・治療の目的・治療費等も違っているので、これらを基準として選ぶようにします。

Read More

顔を触る人

美容クリニックに行く前に

ほくろの除去は形や場所によって方法が違います。なので、どの方法にするのかは医師の診断から決めた方がいいでしょう。さらに除去する際には保険がきかないモノもあるので施術を受ける前に費用についても相談しておくべきです。

Read More

カウンセリング

真の美白を目指すために

ほくろ除去をする場合には、ほくろ以外の組織を傷つけることなく、最終的にキレイな肌に仕上げることが一番です。美容外科なら医師の判断により最適な手段で適切な治療を行えるので、うまく活用するのが正解ですね。

Read More

Back to Top